エコカー〜地球に優しく〜

エコカー〜地球に優しく〜


自動車と環境問題
エコカー減税?
エコカーの種類
新車購入時の費用
車の維持費用
エコカー〜地球に優しく〜

自動車と環境問題

自動車は、とても便利なものであり、荷物の運搬、交通手段など、人間の生活において、とても役に立つ乗り物です。

一方、自動車の排出ガスが地球に与える負の影響は大きく、地球温暖化やオゾン層の破壊、酸性雨などの環境問題となっています。

自動車から出る黒煙は、肺や気管などの病気を引き起こす可能性があります。
また、自動車から排出される窒素酸化物も、のどや気管支を傷める原因になると言われており、人間にとって悪い影響を及ぼすようです。

地球温暖化は、なぜ起こるのでしょうか。
地球温暖化の主な原因は、CO2の増加にあります。

CO2は、温室効果(大気中に熱を保つ働き)があります。
もともとCO2は空気中にあるものですので、悪いものではありませんが、工業化や自動車の増加に伴い、CO2の量が増えてしまい、地球温暖化が進んでいるのです。

地球温暖化以外の環境問題もあります。酸性雨です。
朝顔の花に、斑点があるのを見つけたことはないでしょうか。

実は、あれは酸性雨の影響なのです。
酸性雨は、森林を枯らしたり、建造物を溶かしてしまったりします。

昔からある、銅像の顔が涙を流したようにただれた感じになっているのも酸性雨の影響の場合があります。

酸性雨は、生き物たちの住環境にも影響を与えます。特に水中にいる生き物にとっては、川や湖の水が酸性化することになり深刻です。

川や湖の魚がいなくなるなどの被害が出ている国もあります。

酸性雨は、硫黄化合物や窒素酸化物などが原因で、これらの酸性物質が雨に溶け込み酸性の雨となって降ってきます。

オゾン層の破壊も、環境問題の一つです。
太陽の光は、生物にとって有害な紫外線を含んでいます。
太陽の光を浴びても大丈夫なのは、オゾン層が地球を包んでくれていて、有害な紫外線を吸収し地球を守っているからです。

オゾン層が破壊されると、皮膚がんや白内障が増えると言われています。

オゾン層の破壊の主な原因になっているのはフロンです。
フロンガスは、冷蔵庫やエアコン、カーエアコン、スプレーなどに使われていました。

これらの商品が使われなくなって処分されるときに大気中に出て、最終的にオゾン層の破壊に繋がっていたのですが、最近ではフロンを使わない商品の開発や普及が進んでいるそうです。

自動車のリサイクル料には、フロンを回収し破壊する費用が含まれています。

このような環境問題があるため、海外でも日本でも地球の環境に配慮したエコカーの開発と普及を目指しています。






© 2010〜 エコカー〜地球に優しく〜